横断幕を利用して宣伝する~アピールサポーター~

色見本

流れを知っておく

広告

温かみのある木製看板

LEDを駆使した看板も人目をひきますが、逆に木製看板にもふと目がとまるものです。木のもつ温かみが店の雰囲気までをも、温かいイメージにしてくれます。木製看板は和食店、旅館など和の雰囲気の店からカントリースタイルの店、アウトドア用品店、幼児教室に至るまでさまざまな業種で活用されています。しかもインターネット販売している業者も多く、全国から注文可能です。木製看板に使用される木の素材、塗り文字か彫文字なのかなどによって値段がかわってきます。店のオリジナルロゴがあれば、それを使うこともできますし、新たにデザインすることもできます。木材の持ち込みも出来ます。ケヤキは和風な味わいになり、杉は欧米のカントリースタイルの味わいになるようです。店舗の雰囲気に合わせて素材を選ぶといいでしょう。

ひとつひとつ手作りです

木製看板制作の大まかな流れを紹介します。まずは素材と大きさなどを決め概算の見積もりを取ります。ロゴや字体、塗りか彫かなどの選定をします。決定後、業者からは完成イメージ画像を送ってもらえますので再度確認ができます。その後制作にとりかかりますが納期は2週間程度みておくほうがいいでしょう。ひとつひとつ手作りですし、季節によっては塗料の乾き具合が悪い場合、多少納期が余分にかかる場合もあるようです。小型の看板であれば、看板裏面にひっかけ金具を取り付けてもらえます。ただ大型看板や重量のあるものは、近隣の工務店などプロに取り付けをしてもらう必要があります。気になる木製看板の値段ですが、素材や大きさにもよりますが、50cm四方のものでは2万円台からあるようです。木材を持ち込めばさらに安く仕上げることができます。