横断幕を利用して宣伝する~アピールサポーター~

色見本

利用素材に気を付ける

スタンド

光による反射の影響と光沢のない看板

バナースタンドはその存在感をアピールするために、鮮やかで目立つものを選ぶ人が多くいます。ただ、これだといくつか弊害や問題を抱える場合があります。まず、夜間に光が当てられた場合に反射して眩しくなってしまいます。これによって、不快感を覚える人が出てきたり、車のライトで反射すると事故にも影響しかねません。また、あまりにも輝かしいような色合いだと目に優しくないと言う健康的な目線に立った場合の問題もあります。もちろん利用用途によってはかなりメリットが大きいので、それを上回るデメリットがない限りは発色の良いバナースタンドを利用しても大丈夫です。ただ、少しでも上記で挙げたようなデメリット部分を配慮する人はいますので、光沢のないタイプを選ぶ人がこれから少しずつ増えて行く事でしょう。

水性と油性のインクジェットによる影響

入口等の目立つ位置に継続してバナースタンドを置くのであれば、なるべく水性インクジェットで出力した製品は避けるようにして下さい。水性だと雨に弱いだけでなく、耐久性にも非常に大きく左右する部分となります。油性のインクジェットで出力するタイプを選ぶだけで、長年劣化させる事なく愛用し続けられます。色合いも変化しないので、見た目の鮮やかさも長く保つ事が可能です。バナースタンドにこだわりを持たないとしても、店頭や入口に設置する場合はかなり印象を大きく左右します。そのイベントや会社の顔部分が色落ち等の問題を起こしていると、企業イメージに悪影響を与えかねません。そうしたデザインが人々に与える影響を考えた上で、印刷方式を見直して下さい。